自然地理

  武漢は華中地区の唯一の副省級都市である。現在、湖北省の省都であり、総面積が8494平方キロである。世界で3番目に長い川の長江とその最も長い支流の漢江は市区を貫き、武漢を三つの部分に分け、武昌、漢口、漢陽が江を隔てて鼎立する三鎮のレイアウトを形成した。武漢の地理位置は東経113°41′-115°05′、北緯29°58′-31°22′であり、亜熱帯季節風湿潤気候で、雨量が多く、日照が豊富で、四季が分明するなど特徴を持っている。