行政区の人口

  武漢市は13の区を管轄している。江岸区、江漢区、礄口区、漢陽区、武昌区、洪山区、青山区が中心市街地であり、東西湖区、蔡甸区、江夏区、黄陂区、新洲区、漢南区が新しい市街地である。そのうち、武昌区、漢陽区、江岸区、江漢区、礄口区は武漢の古い市街地である。また、武漢市では、国家級開発区3つがある:武漢経済技術開発区(通称:沌口開発区)、東湖新技術開発区(即ち中国光谷)、武漢呉家山経済技術開発区。武漢の常住人口が約979万人である。