対外関係

  武漢は1992年に国家によって「沿江対外開放都市」として承認された以来、徐々に外商投資の重点地区となった。トップ500の多国籍企業には、84社が武漢で投資した。フランス、アメリカ、韓国はそれぞれ1998年、2008年、2011年に武漢で総領事館を設立した。

  武漢と世界各国/地域の経済、貿易、科学技術、教育、文化など多くの分野の交流はますます強化している。政府、民間と社会団体の間の友好交流は活発している。今、武漢市の国際友好都市は17都市である:日本大分市、アメリカのピッツバーグ市、ドイツのデュースブルク市、イギリスのマンチェスター市、ルーマニアのガラツ市、ウクライナのキエフ市、スーダンのハルツーム市、ハンガリーのシェール市、フランスのボルドー市、オランダのアルンヘム市、韓国清州市、オーストリアのグラーツ市、ニュージーランドのクライストチャーチ市、カナダのマーカム市、スウェーデンのボーレンゲ市、アイスランドのコウパボグル市、イスラエルのアシュドッド市。