第7回武漢琴台音楽祭が「史上最得」

「参加する楽団のレベルがますます高くなるのに、チケット料金が逆に安くなるから、ミュージカルファンにとって本当にお得です。」15日午前、武漢琴台音楽祭の目玉公演となるミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団武漢コンサートのチケットが正式に発売しました。今回のコンサートのチケット料金は座席別で280元、580元、880元、1280元、1680元と1980元となるが、政府によるチケット購入補助金と発売時割引を活用すれば、元料金の50%オフで購入することが可能になり、さらに会員割引と文惠通ポイントクーポンを加えると、元々1980元のチケットはたった601.5元で入手可能です。

7年目を迎える琴台音楽祭は、終始「音楽の盛会、民衆の祭り」という初心を忘れず、チケット料金が年々下がり続けています。より多くの市民たちが劇場で高品質なコンサートを観賞できるようにするため、第7回琴台音楽祭では、チケット購入補助金を導入することにより、1公演の平均的なチケット料金を過去より更に30%安くしています。その上、割引額を初めて明示することで、確実にお得な割引チケットを皆さんお届けします。