武漢は華中地区の唯一の副省級都市である。現在、湖北省の省都であり、総面積が8494平方キロである。世界で3番目に長い川の長江とその最も長い支流の漢江は市区を貫き、武漢を三つの部分に分け、武昌、漢口、漢陽が江を隔てて鼎立する三鎮のレイアウトを形成した。武漢の地理位置は東経113°41′-115°05′、北緯29... [more>>]

  武漢市は13の区を管轄している。江岸区、江漢区、礄口区、漢陽区、武昌区、洪山区、青山区が中心市街地であり、東西湖区、蔡甸区、江夏区、黄陂区、新洲区、漢南区が新しい市街地である。そのうち、武昌区、漢陽区、江岸区、江漢区、礄口区は武漢の古い市街地である。また、武漢市では、国家級開発区3つがある:武漢... [more>>]

  武漢は歴史が長い。考古結論と古典籍の記載により、一万年余り前に、祖先は武漢地区で生活してきた。3500年余り前に、都市文明の光は北部の盤龍城で勢いよく現れた。1700年余り前の三国時期に、武漢地区は有名な戦場だった。明清以降、漢口は徐々に全国有名な「四大名鎮」の一つとなった。100年余り前に、武昌は辛亥... [more>>]

  武漢は1992年に国家によって「沿江対外開放都市」として承認された以来、徐々に外商投資の重点地区となった。トップ500の多国籍企業には、84社が武漢で投資した。フランス、アメリカ、韓国はそれぞれ1998年、2008年、2011年に武漢で総領事館を設立した。   武漢と世界各国/地域の経済、貿易、科学技術、教育、文化な... [more>>]

  (一)華中の要衝   武漢は中国内陸に位置している。中国で形成した沿海地区、長江経済帯、西部大開発H型経済発展レイアウトの中で、武漢は、東と西、南と北をつながるハブの役割を持ち、国内の経済学者によって「中国経済地理の中心」と呼ばれ、連続長年で「中国都市総合実力トップ50」の第六位となっていた。2002... [more>>]